UForgeに関する
お問い合わせは

03-6809-6705

お気軽にご相談ください

サーバー設計の生産性向上

「サーバの構成管理を決めるためだけに社内のあちこちで似たような試行錯誤を繰り返している。なんて無駄なことに時間と労力を費やしているんだろう?」

Cloud Computing Icons

VM構成管理における課題

IT開発・テスト・運用の現場では、プロジェクトに最適なインフラのデザインと構築が繰り返し行われています。アプリケーションサーバ上ではどのようなOSのパッケージやミドルウェアが使用されるべきか、それぞれにどのような設定を実施し、どのような機能を使い、どのように最適のパフォーマンスとセキュリティを両立させるべきか。

サーバの構成管理と設定技術には正確な知識と豊富な経験が必要になりますが、実際にはこうしたインフラの構成管理はプロジェクトや組織ごとにバラバラに個人が行っており、同じような試行錯誤が毎月・毎年のように同じ組織のあちこちでバラバラに行われることで時間と労力の無駄が発生してきました。

新しいアプリケーションやミドルウェアが登場する度に、インストールに必要なパッケージや設定のコツを知るためにインターネットで情報を集め、インストーラが作業を完了するまで待ち、試行錯誤を繰り返しながら設定を調整するためだけに何時間も何日も時間を無駄にしたことは誰にも経験があるはずです。

UForge VMビルダーのVM構成管理機能を会社に導入してみてください。

使いたいOSのパッケージやミドルウェアをUForge VMビルダーでマウスで設定するだけで、サーバテンプレートを即座につくり上げることができます。サーバテンプレートは、VMWareなどの仮想環境や物理環境にインストールできるISOイメージとしてもすぐに用意でき、その過程でパッケージの依存関係が解消されます。
OSやミドルウェア、アプリケーションのチューニングや設定が完了したら、UForgeスキャンを使って完全設定済みのサーバそのものをテンプレートして登録することも可能です。

開発用の基本設定サーバや設定済のテスト・本番用サーバなどいろいろな局面、用途にあわせたサーバをテンプレートとして保存し、共有することで、同じようなインフラを使うチームや組織での重複した作業をカットして、時間と労力の無駄をセーブすることが可能になります。
また、ちょっとした設定間違いによる障害やそれに関わる調査のロスも帽子することが可能になります。

サーバ構成をスケッチのようにデザインし、共有する。
新しいインフラ管理の誕生です。