UForgeに関する
お問い合わせは

03-6809-6705

お気軽にご相談ください

サーバ移行

「今度のEC2からCloudStackへの移行どうしよう?」

サーバ移行における課題

例えば、
データセンター物理・仮想環境からクラウドへ、
パブリッククラウドからプライベートクラウドへ、
あるいはハイブリッドクラウドへ。

柔軟性とコストのバランスを求めて、いまや毎四半期、毎年のように、新たなインフラへのアプリケーション移行ニーズが出てきます。

しかし、インフラ間のサーバ移行は、慎重な調査や環境にあわせた再設計、時間やコスト、そして予測しにくい作業見積もりや移行に関わる障害など特有のリスクを解決していく面倒な作業です。

特定のベンダーやクラウドにロックインされず、より迅速に、より安全に、よりシンプルに、インフラ間のサーバ移行を実現できないでしょうか?

UForgeスキャンがサーバ移行を劇的に変えます。

UForgeスキャンは、ワンタッチで現在稼働中のサーバから構成するOS / ミドルウェア/ アプリケーションや関連するファイルをすべてリストアップ、全く同じ構成のサーバをUForge内にモデル化し仮想的なサーバ・テンプレートに変換します。

このテンプレートから移行先の環境にあった実行用ディスクイメージを生成するだけで移行の準備は完了です。今後、新たな環境用にまた移行が必要になっても、テンプレートから簡単に同じ構成のディスクイメージを生成することができます。

さっきまで開発用のVMWareサーバ上で動いていたアプリケーションを、30分後にはプライベートクラウドのCloudStack上に。サーバを複製するように移行することが可能です。

サーバ移行費用の圧縮: